市立大津市民病院応援プロジェクト

HOME市立大津市民病院応援プロジェクト
ひまわり

大津市民病院の現状

滋賀県内は、7つの医療圏域があり、大津市は一つの医療圏域となっています。
市立大津市民病院(以下「市民病院と略す」)は、大津圏域において新型コロナウイルス感染症患者を多数受け入れ、市民病院で働く職員は市民の命を守るため懸命に勤務を継続されています。しかし、現場では医療物資が依然と不足しており、医療提供体制の確保が急務な状況です。

大津市社会福祉協議会での応援プロジェクト

こうした未曾有の状況にあって、「市民・当事者が主体の福祉のまちづくり」を目指す我々にとっては、「困っている人を地域で支えあう」必要があると考えています。
そこで、新型コロナウイルス感染症現場の最前線にいる市民病院の医療従事者(医師、看護師、薬剤師、医療技術者、事務職員等)を応援することで、支えあいの輪を広げ、地域の皆様をはじめ、多くの方を巻き込んだ運動として取組みをスタートするものです。

具体的な運動

1.#大津市民病院応援メッセージ

応援メッセージ


2.医療物資の提供

「レインコートのご提供のお願い」

大津市民病院では、防護服などの医療物資が依然として不足しているのが現状です。
そこで、市民のみなさまから「未開封で使い捨てのレインコート」のご提供をお願いします。
レインコートは、医療現場でも防護服の代用として活用できるとのことです。
ご提供いただける方は、直接市社協にお持ちいただくか郵送等により送付をお願いします。
皆さま方からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

◎レインコートについて

種 類:写真のようなコートタイプ(セパレートは不可)
サイズ:大人用L・M・Sサイズ
色 :特に指定はありません

◎郵送先

〒520-0047
大津市浜大津4-1-1明日都浜大津5階
大津市社会福祉協議会「市民病院応援プロジェクト」宛

◎お問合わせ先

077-525-9316
レインコート

3.運営資金の協力

「電動ファン付呼吸用保護具(HALO/ヘイロー)を購入するための資金協力のお願い」

「呼吸用保護具」とは、「N95マスク」に代わる高性能マスクで、大津市民病院では手術も含めて長時間の医療行為を支えています。
現在、8台を所有されていますが、今後の第2波、第3波に備えて「電動ファン付呼吸用保護具」が必要となっています。
そこで、「電動ファン付呼吸用保護具」を10台購入するため150万円を目標に資金を募集したいと考えています。
資金協力いただける方は、下記のお申込み方法によりご連絡ください。
マスク

集まった金額 ¥1,934,048

【 目標金額 ¥1,500,000 】

お申込み手順

1.「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、本会総務グループ宛お申し込みください。
(郵送・メール・持参いずれでも可)
申込書寄附申込書
ExcelPDF
郵送先〒520-0047
滋賀県大津市浜大津四丁目1番1号
明日都浜大津5階
メール送付先info@otsu-shakyo.or.jp
お問合せ先077-525-9316


2. 本会への払込取扱票(振込用紙)を送付いたしますので、お近くの郵便局にてお振込をお願いいたします。
なお、払込取扱票は銀行、コンビニ等ではご使用いただけません。
寄附金額は1,000円以上でお願いいたします。


3. 寄附金の領収書を発行します。
大津市社会福祉協議会などの社会福祉法人に対する寄附には、税法上の優遇措置があります。

税法上の優遇処置

4. 大津市社会福祉協議会で取りまとめた上で、大津市民病院へお渡しします。