ボランティア保険

HOMEボランティアしてみたいボランティア保険
ひまわり

ボランティア保険について

  1. ボランティア活動保険は大津市社会福祉協議会で加入できます。

  2. 加入は、個人又は団体(名簿提出)となります。

  3. 大津市社会福祉協議会ボランティアセンターに登録する必要はありませんが、登録されたグループには保険料の補助をしています。

  4. 書類も窓口で用意しておりますので、その場で加入することができます。(ただし、保険料を自分で郵便局で払い込む必要がある場合があります。)

  5. 補償内容も保険料に応じて種類がありますので、活動内容に応じて選択してください。

波

ボランティア保険には、種類があります。

Ⅰ. ボランティア活動保険

・対象となるボランティア活動

日本国内における「自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」で、次のいずれかに該当する活動となります。

  1. グループの会則に則り、立案された活動であること
  2. 社会福祉協議会に届け出た活動であること
  3. 社会福祉協議会に委嘱された活動であること

・対象とならないボランティア活動(主なもの)

  1. 自発的な意思による活動とは考え難いもの・学校管理下にある先生、生徒のボランティア活動
    • 免許、資格、単位取得を目的とした活動

    • 道路交通違反者による行政処分としてのボランティア活動 など

  2. PTA、自治会、町内会、老人クラブなどボランティア活動以外の目的でつくられた団体・グループが行なう組織運営や団体構成員の親睦のための活動 ・自治会などの総会、懇親会、レクリェーション活動
  3. 有償のボランティア活動(交通費、昼食代、活動のための原材料費などの実費弁償としての支給については無償とみなします。)
    • 報酬が時給、日給、月給などで支払われる場合

    • 活動実績に応じて付与されるポイントが換金可能な活動 など

  4. 自宅で行なう活動(日常生活と明確に区分でき、かつ活動計画書などによって活動予定や内容が事前に確認できる場合は対照しなります。)
  5. 保険上対象外となっている活動
    • 野焼き、山焼きを行なうまたはチェーンソーを使用する山林ボランティア活動

    • 海難救助または山岳救助ボランティア活動

    • 銃器を使用する害虫駆除ボランティア活動 など

・保険料

基本タイプ一人当たり Aプラン350円 Bプラン510円

天災タイプ1人当たり Aプラン500円 Bプラン710円

Ⅱ. ボランティア行事保険

・対象となる行事

  • 地域福祉活動やボランティア活動の一環として日本国内で行われる各種行事

    (地域福祉活動とは、地域住民や関係団体、ボランティア、当事者などが主体的に参加し、地域社会における福祉の問題に対し、また地域の福祉を高めるために取り組む活動です。)

・対象とならない行事(主なもの)

  1. 草刈機やチェーンソーなどの電動器具を使用する行事
  2. 防火・防犯パトロール
  3. グループや団体の構成員のみで行う組織活動(総会など)や親睦行事
  4. 先生・生徒を対象とした学校管理下にある行事
  5. 不特定多数の参加者が見込まれるために参加者か否かを特定できない行事
  6. 行政が主催する行事のうち、社会福祉協議会の共催・後援、協力などの関連のない行事 など

・行事保険

1人当り28円(※最低保険料は1行事560円~)

福祉の保険

サイトを見に行く